二ュージーランドにある小さな町ネルソンで作られている世界一美味しいピーナッツバター。
そのピックスピーナッツバターが生まれたのはほんの7年前。
 
ピックスピーナッツバターの創設者であるピックさんはピーナッツバターが大好きでした。
でもピーナッツバターにはたくさんの添加物や悪いオイルが加えられている上にまずい。そこで自分のために美味しいピーナッツバターを作ろうと自宅のキッチンで作り始めたのがきっかけでした。
最初は中古のコンクリートミキサーに下から直火で温めてローストするという非常に原始的な方法で作り、ニュージーランドの小さな町ネルソンの青空市場で毎週販売を開始しました。
『おいしい!おいしい!』と瞬く間に評判となり、次第に地元の店やスーパーでも販売され始めたのです。
それから数年後、ピックスピーナッツバターはニュージーランド全土で販売され、ニュージーランドで一番売れているピーナッツバター会社に成長しました。現在ではオーストラリア、イギリス、そしてピーナッツバターの本場アメリカへも輸出され、人気を博しています。